借入限度額を知るために

借入をする時には、いくらまで借入が可能なのかを調べなければなりません。実は総量規制の対象となっている金融会社では年収の3分の1までしか借入ができないことになっており、それ以上は原則として禁止されています。銀行は対象外ですので3分の1以上でも借入を行うことが可能ですが、それ以外では300万円の年収なら100万円までしか借入できません。ただし、総量規制には除外や例外があり、それがに該当する借入なら総量規制の対象には含まれませんので新たに3分の1まで借入することが可能です。

よくあるのが住宅ローンのつなぎ資金や自動車のローンなどですが、これらは総量規制の対象には含まれません。実際に金融会社から借入を行う場合、ここの会社によって借入限度額が異なります。この額は審査によって決定され、申込をした時に書いた額がそのまま通ることもあれば、減額されて審査を通過することもあります。(借入の概要限度額は借入をする人の条件によって大きく異なるものですが、初めて借入をする場合には50万円という基準を設けていることが多いようです。審査の基準では、勤めている会社の規模や年収、在籍期間、居住形態、別に借入があるかどうか等で判断されます。他に借入をしている場合には合算して年収の3分の1までにしなければなりませんので、借りられる額は小さくなります。会社の規模が大きければ、正社員でなく契約社員や派遣社員でも借りられる可能性が高くなりますし、少額ならパートやアルバイトで一定以上の収入があれば通過できます。一度借入をしてから更にお金が必要になった時、増額を申し入れることもあります。増額すれば最初に設定された借入限度額いn新たな限度額がプラスされて追加の融資を受けることができます。他の会社に申込をして借入を行うとなると、最初の手続きから始めなければなりませんので非常に時間がかかります。ですから、現在利用している借入先で増額してもらった方が便利です。