借入の審査に通る方法

借入は誰でも同じように行えるものではありません。同じ年収であっても通る人と通らない人がいますので、落ちやすい人はどのような点がマイナスになっているのかを知っておくと便利です。実は審査の詳細についてはホームページ等を見ても記載されていませんので意外と分からないことが多く、基準についてはそれまで実際に借入を行った人たちの口コミ等を参考にするしかありません。借入時の審査でもっとも大事なのは返済能力です。雇用形態や年収、在籍期間等が特に重視されますし、年齢も関係してきます。また、他者からの借入状況や返済実績も考慮されますので、信用情報に基づく部分はできるだけ綺麗にしておいた方が良いようです。

まず最初に勤務先ですが、一番借りやすいのは公務員であり、そこから大手企業のサラリーマン、中小企業、自営業とポイントが下がっていき、パートやアルバイトになると大分厳しくなります。無職の場合には審査に通る可能性がほとんどありませんので、まずはアルバイトでも良いのでどこかで勤務実績を作ってから申込をしなければなりません。雇用形態の方は、言うまでもなく正社員がもっとも有利です。契約社員、派遣社員でも可能なケースが多いのですが、その場合は勤務先が大手の企業ということが多いようです。パートやアルバイトでも一定の条件を満たしていれば小さな額なら借りられます。収入に関しては、実は総量規制の対象となる業者では年収の3分の1までしか借りられませんので、低い年収の場合にはそれだけ借りられる額も少なくなります。ただし、銀行は総量規制の対象外となっていますので、3分の1以上の額でも借りられます。居住の形態では、持家が有利です。自分名義でなく家族名義の持ち家であっても大分有利になりますので、持家の人はその分評価が高くなると考えて間違いありません。公営住宅は貸付リスクが高いと判断されることが多いので、審査は厳しくなるようです。